尼崎競艇場の特徴や傾向・予想のポイント

尼崎競艇場の特徴や傾向 全国の競艇場

この記事では尼崎競艇場の特徴やレースの傾向について紹介します。
尼崎競艇場は兵庫県にある競艇場で、風の影響で荒れるレースも少なくないため予想が難しいと言われています。
「甲子園の浜風」や「六甲おろし」といった風の影響を受けやすいレース場なので、予想に困ることも多いですよね。
しかし、レースの傾向や風の影響を受けやすいといった尼崎競艇場の特徴をしっかりと抑えておくことでレース予想がしやすくなります。
尼崎競艇場をこれから利用するという方やすでに利用しているという方へ向けて、レース場の水面の特性や過去のデータから読み解く予想方法についてまとめました。
ボートレースを楽しむ際にお役立て下さい。

尼崎競艇場へのアクセス方法について

尼崎競輪場は最寄り駅の「尼崎センタープール前」駅から徒歩3分と、比較的アクセスしやすい場所にあります。
尼崎センタープール前からは改札を出て左側にある専用のスロープ「ファンロード」を歩いて約3分で到着します。
JR「立花」駅からは無料ファンバスが出ているので約20分乗車すると到着です。
阪急電車「塚口」駅から無料ファンバスに乗車した場合は約20分で到着します。

車でアクセスする場合は公設駐車場を使用することができます。
尼崎競艇場の駐車場は3ヶ所にあります。
ボートレース尼崎駐車場1には25台、ボートレース尼崎駐車場2には20台、ボートレース尼崎南駐車場には75台の車の駐車が可能です。

ボートレース尼崎の情報まとめ

尼崎競艇場のコースの特徴について


出典:ボートレース尼崎 水面特性・進入コース別情報

水面の特性は淡水で硬め

尼崎競艇場の水質は淡水で硬めとなっています。
モーターの回転の上がりが良い水質です。
技が利きやすいのでスピーディーでダイナミックなレースが数多く見られるのが特徴です。
また、1番の特徴として2マーク・センターポール・1マークまで1直線上に並んでおり、ターンマークの振りが無い唯一のレース場という特徴が挙げられます。
そのため、インを取った選手が直線に走って1マークに向かうことで余裕を持ったターンができるので1コースが有利となっています。

風の影響を受けやすい

尼崎競艇場は風の影響を受けやすいレース場となっています。
夏場は「甲子園の浜風」、冬場は「六甲おろし」と呼ばれる向かい風が吹き、どちらもスタートラインに対して向かい風となっています。
そのため、風の少ない日の場合は1コースが有利となりますが、向かい風が強く吹いている時にはダッシュが利くセンターからアウトコースが有利となります。

尼崎競艇場のレース成績による傾向について


出典:ボートレース尼崎 水面特性・進入コース別情報
上記のデータは「ボートレース尼崎オフィシャルサイト」のデータです。
データを見ていくと尼崎競艇場はインコースが強いことが分かります。
2マーク・センターポール・1マークまで1直線上に並び、ターンマークの振りが無いことからインがそのまま逃げ切れる確率が高くなっていると考えられます。
しかし、風が強い時はアウトコースやセンターコースが強くなる時もあります。
尼崎競艇場では3R、4Rあたりから向かい風が吹き出します。
そのためスタートが合わずに波乱が起きやすくなっています。
そうなりますと、逆に追い風の時や雨で無風の時はインコースが有利であると言えます。
尼崎競艇場は風によって結果が左右されることもありますが、基本的にインコースが有利であることに変わりはないでしょう。

尼崎競艇場のコース別による傾向について

尼崎競艇場ではインがとても強いレース場となっています。
そのため、インがそのまま逃げ切れる確率が高くなっており、1コースの1着率が50%以上を占めています。
基本的には1コースを軸に舟券を購入することで勝つ確率を上げることができると言えるでしょう。
しかし、尼崎競艇場は夏場の「甲子園の浜風」、冬場の「六甲おろし」と呼ばれる向かい風が吹く日が年間を通して多い傾向にあります。
向かい風があるため、センターコースの選手の捲りが決まるという展開も多く見られます。
そのため、向かい風が強い日には3コースや4コースが有利になる場合があります。
上記の内容をまとめると、尼崎競艇場で勝つには1コースを中心に舟券を購入し、向かい風が強い日には3コースから4コースの券を購入することが尼崎競艇場で勝つためのコツと言えるでしょう。

尼崎競艇場の特徴や傾向・予想ポイントのまとめ

今回は尼崎競艇場の特徴や傾向・予想ポイントについてご紹介しました。
尼崎競艇場は基本的にインコースが有利ですが、風の影響を受けやすいため、風によって結果が左右されやすくなっています。
今回紹介した内容を踏まえて尼崎競艇場での予想の参考にしてみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました