蒲郡競艇場の特徴や傾向・予想のポイント

全国の競艇場
蒲郡競艇場の特徴や傾向 全国の競艇場

この記事をご覧の皆さんの中には、蒲郡競艇場のレースで良い結果が出せないという人もいることでしょう。

国内でのレースの中でもトップクラスの人気を誇る蒲郡競艇場のレースで良い結果を出したいと考えるのは競艇をたしなむ人なら自然なことであると思います。

そこで、今回の記事では、蒲郡競艇場の特徴や傾向、レースで良い結果を出すための予想のポイントなどについて紹介します.

蒲郡競艇場の特徴まとめ

蒲郡競艇場の特徴にはどのようなものがあるのか、具体的な内容については以下において説明していきますので一緒に見ていきましょう。

競走水面の広さが広い

蒲郡競艇場の特徴の1つ目としては、競走水面の広さが広いことが挙げられます。

コースの幅が156.7mもあることから全国24会場の中でも最も広いコース幅になっているようです。

コースの幅の広さが広いことによって、他の競艇場とはまた違ったレース展開を楽しめますので、蒲郡競艇場に行ったことがない人はこの機会に行ってみると良いのではないでしょうか。

スピードレースになりやすい

蒲郡競艇場の特徴の2つ目としては、スピードレースになりやすいことが挙げられます。

前述の通り蒲郡競艇場のコース幅は最も広い造りになっていることから、旋回する際に対岸にぶつかる危険性が低く、スピードレースになりやすい傾向にあります。

また、競艇場が海の近くにあるのですが、競艇場が湾の内側にあるため風の影響もほとんど受けることがない点もスピードレースの傾向に影響しています。

低配当の傾向

蒲郡競艇場でのレースではインコースの勝率が高い傾向にあり、50%前後の勝率で推しているようです。

そのインコースに実力のある選手が配置され勝つことが多く、人気が集中しやすいため配当が低いレースが多くなります。

高配当は非常に狙いにくくなっているので、高配当狙いの人にはあまり向かない競艇場かもしれません。

低配当でもいいので、堅実に勝っていきたいような人に向いている競艇場と言えるのではないでしょうか。

蒲郡競艇場のレース成績から傾向を読み解く

蒲郡競艇場のレース成績からどのようなレースの傾向を読み解くことができるのか、その具体的な内容については以下において説明していきます。

蒲郡競艇場のレースにおいての成績の傾向は蒲郡競艇場の特徴から導き出すことができます。

以前の段落で説明したように、コースの幅が広く旋回する際に対岸にぶつかる危険性が低いことからスピードが出しやすく、また、インコースに実力のある選手が配置されることが多いためインコースの選手による逃げ切りがレース傾向として見られます。

「BOAT RACE オフィシャルウェブサイト」のデータにおいてもコース別決まり手として、1コースの逃げ切りは95.7%という数値が算出されています。

よって、蒲郡競艇場のレースにおいて勝ちを狙うのならインコースに賭けると確率としては高くなりますが、前述の通り配当は低い傾向にあります。

蒲郡競艇場のレースに賭ける場合には、上記で挙げた傾向に注意して賭けを行うことが重要になります。

コース 逃げ切り 捲り 差し 捲り差し 抜き 恵まれ
1 95.7 0 0 0 4.0 0.2
2 12.4 27.3 15.3 15.1 15.1 14.5
3 10.4 19.8 21.2 21.1 16.6 10.6
4 11.2 18.0 21.5 17.2 18.3 13.4
5 6.3 15.0 18.8 22.3 22.5 14.7
6 0.0 16.6 16.6 50.0 16.6 0.0

(集計期間:2019/08/01~2019/10/31 単位:%)

コース別成績データ

蒲郡競艇場のレースのコース別成績のデータは一体どうなっているのか、具体的には以下のようになっています。

コース 1着 2着 3着 4着 5着 6着
1 59.2 16.9 8.5 4.8 6.4 3.9
2 12.4 27.3 15.3 15.1 15.1 14.5
3 10.4 19.8 21.2 21.1 16.6 10.6
4 11.2 18.0 21.5 17.2 18.3 13.4
5 6.3 15.0 18.8 22.3 22.5 14.7
6 0.9 3.8 15.4 20.1 21.2 38.3

(集計期間:2019/08/01~2019/10/31 単位:%)

上記の図は、「BOAT RACE オフィシャルウェブサイト」の記載のものですが、ご覧の通り1コースの1着率が59.2%とひときわ高い数値になっており、コースの内側になればなるほど有利な傾向があることが分かると思われます。

また、逆に外側のコースに行くほど1着率は低下しており、第6コースに至っては1着率が0.9%と1%を切っており、6着率は全コースの中でも断トツの38.3%という高い数値になっています。

もちろん上記の数値はあくまで確率であり、第6コースが1着になる可能性もあることから内側のコースが必ず勝つわけではありませんが、傾向としては内側に行けば行くほど有利になっていると言うことができると思われます。

蒲郡競艇場で勝つためのコツ

ここまで、蒲郡競艇場の特徴や傾向、レースで良い結果を出すための予想のポイントなどについて紹介してきましたが、いかがでしたか。

蒲郡競艇場で勝つためのコツとしては、上記で説明したようにコースの幅が広くスピードが出しやすく、内側のコースに実力者が配置されることから内側のコースに賭けていくことが挙げられます。

この記事をご覧の皆さんは、上記で説明した内容を参考にして蒲郡競艇場の、レースで良い結果を出すための役に立てると良いのではないでしょうか。

長くなりましたが、ここまでお付き合いいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました