下関競艇場の特徴や傾向・予想のポイント

全国の競艇場
下関競艇場の特徴や傾向 全国の競艇場

下関競艇場と聞くと、瀬戸内海に面している競艇場ということもあって、うねりなどの影響によって荒れるレースが多いのではないのか?といった疑問を持っている方も多いでしょう。

しかし、下関競艇場の特徴などをしっかりと見てみると意外な事実や発見も多いと思います。

下関競艇場の特徴をしっかりと確認し、今までの舟券予想と少し違った予想もできるかもしれません。是非特徴を覚えて勝ちに繋がる舟券予想をしていきたいですね。

下関競艇場の特徴

下関といった場所柄、瀬戸内海からの海水によってうねりが発生したりと予想が難しいといった特徴が今までの傾向でありましたが、現在はナイター開催によって下関競艇場の特徴も大きく変わってきています。

以外にも現在はインコースも強い競艇場としても有名になってきて、本命党も戦える競艇場として自分自身の回収率向上に繋げることもできるでしょう。

昼夜で変わる潮の影響

下関競艇場は、瀬戸内海に面しているため、海水のプール水面となっており昼の時間帯などでは下関特有の『うねり』が発生することもあり荒れるレースが多くなるといった傾向が見られましたが、現在はナイターでの開催が多いことからナイターレースになると潮の影響を受けにくくなりインコースが逃げるレースが多いといった傾向が見て取れます。

そのため、ナイターレース開催時は、インコースの逃げ信頼ができるため本命党の方も舟券の予想がしやすくなったというメリットもあり、予想が難しいといった今までのイメージは徐々になくなってきている傾向となっています。

ピットから2マークへの距離は全国でも2番目の長さ

水面図

(出典:ボートレース下関)

上記の水面図を見てわかるように、ピットから2マークまでの距離が173mあり、この距離は全国でも2番目に長い距離となっています。

この結果、ピット離れが少しでも遅れるとアウトコースの選手達はインコースに入ってくるため進入隊形が変わるといったことも多くあります。

スタート展示で進入隊形が変わるようなことがあった場合は、舟券予想も大きく変わってきますので直前情報は要注目のポイントともなっています。

インコース優遇番組もあり本線決着が多い

下関競艇場はもインコース優遇の企画番組もあるため、インコースの勝率が高くなるといった傾向があります。

もちろん、企画番組以外のレースでも、うねりの影響をあまり受けないナイターレースではインコースの勝率が高い結果も残っているため全体的にも本命決着が多い競艇場にもなっています。関競艇場のレース成績から傾向を読み解く1コースの1着率が高いため、レース成績から見てもインコースの強さが見て取れます。基本線としては1コースを軸に、本命舟券の予想をしつつも6コースからの1着率も他の場に比べて高いため、穴舟券として絡めてみる予想も配当妙味も良いため狙い目の一つでしょう

下関競艇場のレース成績から傾向を読み解く

下関競艇場の1コースの勝率は8.14と全国の場でもトップクラスの成績を残しています。

荒れやすい競艇場でもある戸田競艇場の1コースの勝率は7.21と同じ1コースでも約1点の差が出ているといったデータも残っています。

そのため、インコースが強い競艇場と呼べるでしょう。

参考元:艇国データバンク ボートレース戸田コース別成績

コース別成績データ

コース 出走数 勝率 1着率 2連帯率 3連帯率
1コース 2001 8.14 58.8% 76.6% 84.0%
2コース 1997 5.59 12.5% 38.5% 58.5%
3コース 2001 5.27 11.5% 32.9% 50.8%
4コース 1999 5.06 10.3% 28.7% 50.8%
5コース 2000 3.86 5.2% 15.5% 31.5%
6コース 1985 3.10 1.7% 8.2% 21.1%

(出典: 艇国データバンク 2018年11月1日~2019年10月31日)

下関競艇場で勝つためのコツ

以上のような特徴が下関競艇場にありますが、実際に舟券を的中させるためにはどういったことに注目をしていけばいいかというポイントをまとめてみましょう。

  • ナイターレースはインコースの勝率が高くなる傾向がある
  • 進入隊形が変わる場合も多くあるため直前情報はしっかりとチェック</li>
  • 穴狙いとして6コースを絡める舟券も

下関競艇場で勝つコツとしては、やはりインコースを軸とした本命決着を予想する舟券予想が一番的中率と回収率は高くなるでしょう。

ナイターレースでは水面も荒れることがあまりないため、企画レース以外でもしっかりとインコースが逃げることが多いためアウトコースに強い選手がいる場合でもイン逃げの高配当を得ることができるチャンスでもあります。

6コースのまくりが決まって1着になる確率も高いため、5コースの選手のスタート力と6コースの選手のスタート力や実力次第によっては6コースの選手を頭固定することによっても高配当も狙えるといった本命と穴両方狙える競艇場でもあるでしょう。

基本線としてはしっかりとイン逃げできるレースであるかを見極めることができれば大幅に的中率は上がっていくでしょう。

タイトルとURLをコピーしました