V-MAX(ブイマックス)の口コミ・評価まとめ【競艇予想サイト】

V-MAX 競艇予想サイト

「もっとも勝てるのはボックス買い!」
上記のキャッチコピーを掲げ、ボックス買いに特化している予想サイトです。

もとは『競艇革命VMAX』という名の予想サイトでしたが、V-MAXにリニューアル。
口コミや検証サイトをリサーチしてみると、リニューアル前後共に評価が割れており、実態が掴めません。

そこで今回はV-MAXを徹底調査してみました。
極めて個性的なコンセプトを掲げているものの、まだ実力が伴っていないようです。
ボートレース予想サイト「V-MAX」の調査結果をご報告します。

V-MAXの特徴

V-MAX

2019年10月末にリニューアルされたサイトです。
前身の競艇革命VMAXの特商法ページには、運営会社「株式会社ユニバース」と記載されていましたが、現在は「ブイマックス運営事務局」となっています。ドメインも取得し直したようで、「vmax-boat.com」から「vmax-boat.net」に変更。サイトデザインも一新されています。

一番の特徴はボックス買い予想に特化している点です。
これもリニューアルをきっかけに取り入れられたようです。
有料コースのほとんどが3連単BOXでの提供となっています。

予想サイトが乱立している現在、オリジナリティーを出すのは大事です。
競艇予想サイトもとうとうここまで来たかと驚かされます。
また、会員ページはボートのハンドルと計器にメニューボタンが配置されている面白いデザインです。

会員登録はフリーメールアドレスにて簡単にできます。
登録時には1万円分の100ポイントがプレゼントされます。

ボックス推しの理由

会員登録ページでは「今はボックス買いが最も確実に稼げる時代」だと説き、ボックス買いに特化する理由を長文で説明しています。まとめると、以下のように説いています。

1.持ちペラ制が廃止され、モーターに注目すればいいようになった
2.そのモーターも威力の弱い消音型が導入され、インは100mを切れば回転を上げきれず1マークで逃げきれなくなった
3.結果、A級とB級選手の大きな差が縮まり、1着を絞れず、穴ムードのレースが多くなった
4.以上のことからボックス買いが有効!

非常に熱のこもった文章で、一応の論法になっています。一理はあるでしょう。
けれども、敢えてツッコミますが、もの凄く穴の多い論理ではあります。

ボックス推しの論理の破綻

まず、あたかもインが弱くなったように説いていますが、以前に比べてインは強くなっています
持ちペラ制当時のヒット競艇漫画『モンキーターン』では、主人公が出場する競艇場について度々1コース勝率が紹介されています。現在よりもかなり低いです。

といのも、現在は1コースが勝ってお客さんが舟券をとれるように、ボートレース場が1マークを1コースが回りやすいように角度を変えています。もちろん、戸田のように1コースが回りにくい競艇場も存在しますが、総論としてインが弱くなったというのは明らかな間違い。語弊を恐れず言えば、昔より現在のボートレースの方がずっと的中させやすいです。その分、配当は付きにくくなっていますが。というか、コース取り争いが減って深インになるレースも減っているので、1マークで逃げ切れないというのも謎理論です。

また、持ちペラ制の廃止で選手間の力量差が縮まったと説いています。
確かにそうした面はあるかもしれませんが、ペラはモーターにマッチングさせる必要があり、前検で受け取ったペラとモーターを節間内の短時間でマッチングさせなければならない分、逆にペラ調整力が問われているとも言えます。

何より、A級とB級選手の大きな差が縮まったとしていますが、これは暴論に過ぎるでしょう。
確かにコース取り争いが減り、ベテランにインを譲ることは殆どなくなったため、若い選手でも勝てるようにはなってきています。
しかし、A級選手とB級選手に大きな差があるのは事実です。

操艇技術、ターンスピード、スタート力、捌き、モーター整備力、ペラ調整力等々、そんなに簡単に差は埋まりません。一時期、秋山直之選手が事故点の多さから降格となり、一般戦斡旋ばかりになっていましたが、一般戦で暴れまわっていた姿を目にしたファンも多いでしょう。峰竜太選手がSGでのフライングから一般戦回りになり、勝率9点台を叩き出してしまったのも記憶に新しいところです。

という具合に、ほとんど論理破綻しているボックス買い推し論ですが、ボックス買いが魅力的な購入法であるのは事実でしょう。
悩んだ末にボックスで買い、裏目が来て高配当をゲットした経験のある方は多いと思われます。
ボックス買いに特化した予想サイト、期待が高まります。

最高責任者と担当者からのメール

登録すると直ぐに最高責任者の福田一生氏からメールが来ました。2019年10月にリニューアルされた点も記載されていました。V-MAXは「珠玉の情報」を入手しているとのことです。「“競艇で勝つ”という事だけでなく、“勝つまでの道順”を伝授いたします」と力強いメールでした。

その後、担当者からご挨拶メールが来ました。変わっているのは前職が警察官とのことで、会員をID番号で呼ぶのに抵抗があるため、「あだ名」や「HN」でも構わないから名前を教えてほしいと書いてありました。教えるとお礼として10ポイントが貰えるそうです。

丁寧な文面で個性的な取り組みとも言えますが、うがった見方をすれば個人情報を収集しているとも考えられます
HNなら問題ないでしょうが、本名は伝えないのが無難でしょう。

V-MAXでは毎日10通程のメール配信が行われています。アドレスへの着信が煩わしい方は、会員サイトにめーるBOXが装備されていますので、こちらを利用すると良いでしょう。

予想方法

予想方法に関して、会員登録ページでは簡単に触れているだけで、会員サイトにも詳述した特別コンテンツはありません。ですが、各有料コースの詳細ページで熱烈アピールしています。まとめると下記の4点になります。

1.現地情報をリアルタイムで収集
2.元A1レーサー・養成所元教官・元番組マン・元記者等、各分野のプロフェッショナルからの極秘情報
3.膨大な過去データを独自開発システムにて解析
4.一般には出回らない裏情報や機密情報を分析

上記を基にBOX買いに最適なレースを選定して予想しているとこのことです。
BOX買い特化のサイトコンセプトは個性的ですが、予想方法に関しては多数の予想サイトで見かけるもので、オリジナリティーは薄いです。また、コース詳細ページにおいてハデな画像や長文で熱烈アピールしていますが、具体性は乏しく信憑性は低いと言わざるを得ません。

予想コース一覧

V-MAXプラン

V-MAXには計12の常設コースが用意されています。
「コース一覧」から確認できます。

低価各コースはBOX買いではありませんが、ほとんどのコースは3連単3艇BOXでの提供です。
また、各地域のボートレース場に特化したコースも常設されています。

下記の表に各コースの名称・特徴・提供内容・軍資金・想定獲得金額・参加PTをまとめました。
尚、1pt=100円となっています。

コース名 特徴 提供内容 軍資金 想定獲得金額 参加PT
TRIAL×RACE 初回限定・不的中時ポイント返還・否ボックス買い 3連単2R/5~10点 10,000円 10万円 150PT
NORMAL×RACE コスパNO.1のV-MAX入門コース・堅実に資金を増やす・的中率57.8%・否ボックス買い 3連単2R/5~10点 1R10,000円 10~15万円 200PT
HIGH×RACE BOXコロガシの定番コース・安定した回収率・的中率70%以上 3連単3艇BOX(6点)×2/2Rコロガシ 1R12,000円 30万円 300PT
SUPER×RACE BOXコロガシ中級コース・高水準の的中率と回収率 3連単3艇BOX(6点)×2/2Rコロガシ 1R12,000円 50万円 500PT
HYPER×RACE BOXコロガシで一攫千金・帯封狙いの高配当 3連単3艇BOX(6点)×2/2Rコロガシ 1R12,000円 100万円 1000PT
STRAIGHT×BOUT 爆弾級の極秘情報・究極のコロガシ錬金術・的中率70%以上・5名限定 3連単3艇BOX(6点)×2/2Rコロガシ 1R12,000円 最高300万円 2000PT
ULTIMATE×MAX 極秘情報による脅威の的中回収率・億万長者最上位コース・参加規制あり 3連単3艇BOX(6点)×2/2Rコロガシ 1R12,000円 500万円 5000PT
関東×RACE 関東のボートレース場対象 3連単3艇BOX(6点)×2/2Rコロガシ 1R12,000円 10~15万円 130PT
東海×RACE 東海のボートレース場対象 3連単3艇BOX(6点)×2/2Rコロガシ 1R12,000円 10~15万円 130PT
近畿×RACE 近畿のボートレース場対象 3連単3艇BOX(6点)×2/2Rコロガシ 1R12,000円 10~15万円 130PT
中国四国×RACE 中国四国のボートレース場対象 3連単3艇BOX(6点)×2/2Rコロガシ 1R12,000円 10~15万円 130PT
九州×RACE 九州のボートレース場対象 3連単3艇BOX(6点)×2/2Rコロガシ 1R12,000円 10~15万円 130PT

※提供時間は全コース13時となっています。
※地区×RACEの地域名コースは各地域のボートレース場に特化したコースです。担当者からのメールによると、毎日ランダムで1地区が80pt提供になるとのことで、実際に80PTになる地区コースの案内メールが配信されてきました。

イベントコース

上記のレギュラーコースに加え、イベントコースも企画されています。
イベントコースはメールにて案内されています。

ナイターコースをコロガシで狙う「激アツナイター」、海の日限定の「Vの日」など多彩です。上位プランを100ポイント割引で提供する廉価版イベントもあります。

利用する前にはメールをチェックするのが良いでしょう。

V-MAXの無料予想

V-MAXでは毎日11時に1レース分の無料予想が公開されています。
出走表に◎や〇の印しが付いた画像が表示され、3連単8点ほどの買い目が提示されます。
有料コースのような「3艇BOX(6点)×2」ではないものの、BOXを絞ったような予想の日もあります。

買い目ごとの投資金額は設定されておらず、投資上限は1万円と付されています。
無料予想は会員ページトップメニューの「無料買い目情報」から閲覧可能です。

無料予想を検証してみた

検証

2020年7月21日~26日の6日間、無料予想を検証してみました。
買い目と結果を下記の表にまとめました。
回収率は1点1,000円で計算しています。

予想レース 買い目 レース結果

払戻金

無料予想

結果

回収率
7/21

住之江4R

2-1-4 2-3-4 2-3-5 2-3-6 2-4-3 2-4-5 2-4-6 2-6-4 1-3-6

¥33,710(79)

×
7/22

住之江2R

1-2-4 1-2-5 1-2-6 2-1-4 2-1-5 2-1-6 2-4-1 2-6-1 4-5-3

¥23,420(85)

×
7/23

住之江4R

1-3-4 1-4-2 1-4-3 3-1-4 3-4-1 3-4-5 4-3-1 4-3-5 1-4-2

¥2,080(8)

260%
7/24

桐生4R

1-2-4 1-3-2 1-3-4 1-3-5 1-4-2 1-4-3 1-4-5 4-1-5 1-2-4

¥900(1)

112.5%
7/25

住之江12R

1-3-4 1-3-5 1-3-6 1-4-3 1-4-5 3-1-4 3-4-5 3-4-6 4-3-5

¥12,850(38)

×
7/26

桐生11R

1-2-4 1-3-2 1-3-4 1-3-5 1-4-2 1-4-3 3-4-1 3-4-6 4-3-5

¥10,880(46)

×

無料予想の結果

2勝4敗の結果でした。
買い目1点1,000円で計算した場合、トータルの回収率は62%
マイナス18,200円となります。

最悪とまでは言えないものの、厳しい結果となりました。

無料予想のクオリティー

買い目を検証してみると、イン逃げ本命を主軸に、着順が裏目った場合を考慮して挙げているようです。7/21、7/22は2アタマを推していますが、2コースのみA1選手を置いた番組で、2号艇選手の2コース勝率も悪くなく、理解できる買い目ではあります。

しかしながら、住之江の最近3か月の2コース1着率は12.6%。他場に比べて低い数値です。締切時オッズを確認してみても、唯一のA1ながら2号艇に特に人気が集中してはおらず、3連単で10倍を切る買い目はありませんでした。8点買ってもトリガミにならないレースを選定しているとは言えますが、意外と難しいレースではありました。

7/25住之江12Rは惜しい予想でした。万舟となった4-3-5の結果に、3-4-5は予想していました。ヴィーナスシリーズの優勝戦です。有料予想のBOX買いならば、4-3-5も提示していたでしょう。

7/26桐生11Rは疑問の残る予想でした。一見、1号艇からの本命を予想しているように見えます。しかし、最終日の11Rで6選手が拮抗しています。何より、桐生11Rはボートレース桐生のYouTubeライブで「血祭りイレブン」とファンに呼ばれるくらい、荒れるレースが多いです。的中が重視される無料予想で選定するレースではないでしょう。

総括すると、買い目以前にレース選定眼がいまひとつのようです。BOX買いをコンセプトにしているサイトなのですから、不的中は仕方ないとしても、せめて8割くらいは3連複なら当たっていた、という結果ほしいところです。

V-MAXは優良予想サイト?

有料・悪質ジャッジ

リニューアルしたV-MAX。
BOX買い特化というコンセプトは個性的です。
各地域のレース場に特化したコースも常設され、日替わりで割引になる企画も行っています。

しかしながら、BOX買い推しの論理は破綻しています。
アピールされている予想方法の信憑性も低いです。

BOX買いは買い目点数が多くなり、トリガミになる場合も多いです。
その為、的中して尚且つ配当が望めるレースを選定する必要があります。
ですが、無料予想を確認すると、選定眼もいまひとつのようです。

悪質とまでは言えないものの、優良サイトではないでしょう。
現時点では優良or悪質のどちらでもない予想サイトと判断します。
とりあえず、様子見が無難でしょう。

他の予想サイトとは一線を画す個性的なコンセプトを打ち出しているだけに、今後に期待したいところです。

V-MAX 運営会社

サイト名 V-MAX
運営会社 ブイマックス運営事務局
運営責任者 福田一生
住所 東京都渋谷区宇田川町16-8 渋谷センタービル3F
電話番号 03-6416-9589
e-mail info@vmax-boat.net

サイト下部にある「特定商取引法」から運営者情報を確認できます。

リニューアル前の「競艇革命VMAX」時代には運営会社は株式会社ユニバースと記載されていましたが、現在は運営事務局となっており、決済でもマックスコネクトという決済代行会社を使っているため、運営会社名は不明です。リニューアル前とは運営会社が変わっている可能性も否定できません。

住所をネット検索すると「渋谷レンタルコレクション」というバーチャルオフィス・レンタル会議室の会社がヒットしました。どうもバーチャルオフィスを利用しているようです。つまり、この住所で運営しているとは限らず、住所だけ借りているのかもしれません

グループサイトに加入?

IPアドレスを調査してみると、数多くの競艇予想サイトと類似していました。
下記の表にまとめました。

V-MAX 157.7.107.202
競艇RITZ 157.7.107.246
競艇ライナー 157.7.107.31
競艇グランドスラム 157.7.107.46
競艇ブルーオーシャン 157.7.107.47
スピード 157.7.107.57
クラブ銀河 157.7.107.57
船の時代 157.7.107.252
フルスロットル 157.7.107.123

参照元:ドメイン/IPアドレス サーチ 【whois情報検索】

かなり大きなグループサイトの一つの可能性が高いです。
リニューアル前のドメイン「vmax-boat.com」のIPは「72.52.178.23」で全く違います。
グループに加入してリニューアルしたのかもしれません。

グループサイトと聞くと、悪い印象を抱かれる方も多いかもしれませんが、グループサイト=悪質サイトとは限りません。情報収集等のために、グループを活用している可能性もあります。

また、同じグループでも評価が分かれるケースも多いです。一つ一つのサイトを冷静に検証して、判断されると良いでしょう。

的中情報をゲットする
口コミを投稿する

V-MAXの口コミ・評判

実際にV-MAXの口コミをチェックしてみましょう

的中実績がすごいから参加してみたところ、本命も対抗も絡まず。たまたまかと思い続けてみましたが連敗続き。的中実績捏造してるんじゃ・・・やっぱり信じちゃいけなかったですね。

登録ポイントで地区戦参加したら32万きたわwwwボックスとか馬鹿かと思ったが意外と当たるのな。

初回は当たったけどまぐれだった。その後は何に参加してもさっぱり。ほぼほぼかすってもいない。もうやらないよ。

おすすめされた特別情報っての、万舟狙えるって担当さんがちょー推してきたから買ってみました。本当に万舟きました!プロってすごい!万舟初めてだから感動してます!

リニューアルしたのか。まだあったことに驚くが迷走してるな~。ボックスオシか。

このサイトはめちゃいいよ!めちゃめちゃ儲かることはあんまないけど的中率はいちばんじゃない?続けてると少しずつお金が増えてくの。楽しみながら続けられるよ。

5回参加して1レース目当たりが1回と2レース目当たりが1回だけでした。コロガシ成功はなし。もちろん大赤字です。ちゃんと予想しているのでしょうか?ひどすぎません?

ここは評判悪いグループサイトだぞ。やるだけムダ。

3回続けてダメでやめようとしていたところ担当さんに熱心にすすめられたの最後にって思ってかったらコロガシ成功しました!しかも2レース目に万舟!3回の負け分取り戻せましたよ。続けないとダメですね。

リニューアル後は評判良いようだから買ってみたが不的中。やはり口コミはサクラか。

 

 

口コミ投稿

タイトルとURLをコピーしました